理想的な負荷

理想的な負荷

 

運動をする際は、どんな運動をするにしても、理想的な負荷があります。

 

もちろん、この負荷についても、決して無視することができないのは、言うまでもありません。時間的な負荷も運動の負荷も、色々な負荷について考えていくことが大切です。では、理想的な負荷とは、いかなるものなのでしょうか。

 

ここで言う理想的な負荷とは、人によって全く異なるので、「この重さだから理想」など言う具体的な数値はありません。しかし、1つだけ言えることがあります。それは、「きちんと運動を続けることは可能であるが、少しばかりきついぐらいが理想的な負荷である」ということです。

 

例えばですが、同じ1キロメートルのウォーキングでも、1キロメートルなんて余裕と考えている人と、1キロメートルを歩くことはかなりキツイと感じている人とは、おのずと感じ方が異なってくるものです。

 

前者の場合であれば、1キロメートルではなく、もっと距離的な負荷を増やした方が良いですが、後者の場合は1キロメートルがやっとと感じることでしょうから、これ以上距離を増やすことはしたくありません。

 

また、これについては、ウォーキングのみならず、水泳などでも言えることなのです。水泳が得意な方からすれば、距離を増やすことは積極的にしたいものですが、泳力にそこまで自信がなければ、最初は少ない距離からでも構わないのです。「塵も積もれば山となる」という方式で、小さいことが積み重なっていくようになります。

 

関連ページ

有酸素運動の重要性
中性脂肪を下げるために、有酸素運動の重要性について掲載します。
運動に取り組みたい時間
中性脂肪を下げるための運動に取り組みたい時間について説明します。
どうしても忙しい人のための対策
中性脂肪を下げるためのどうしても忙しい人のための対策について掲載します。