運動に取り組みたい時間

運動に取り組みたい時間

 

中性脂肪を下げることを考えた上で運動に取り組むのであれば、ある程度は時間を確保したいところです。

 

しかし、とは言えども、運動のために1日中時間を確保しないといけないということではありません。あくまでも1日の中の一部で構いません。では、運動に取り組みたい時間としては、どれぐらい確保すれば良いでしょうか。

 

初めの段階では、30分から1時間を確保できれば問題ありません。実際は30分以上は時間を費やす方が良いのです。というのも、体内の脂肪が燃焼するのは、運動をスタートさせてから30分後になるからです。

 

最初の30分は、脂肪燃焼をするための準備運動みたいなものなので、30分で完全に脂肪が燃焼されるわけではないのです。それよりも、30分間運動したところで運動をやめるのではなく、そこで運動を続ける方が、上手く脂肪燃焼をさせていくことができます。

 

ウォーキングの場合であれば、まずはこれぐらいの時間を目標にして行なってみると良いでしょう。では、水泳の場合はどうでしょうか。水泳もウォーキング同様、運動を始めてから30分後に脂肪が燃焼されるようになるので、それぐらいの時間は運動に没頭したいところです。

 

そして、水泳の場合は、30分や1時間だけだと、どこか物足りなく感じるものです。それならば、2時間は費やしてみることもお勧めです。実際に2時間近く泳いでみると、それだけで気分もすっきりするし、本当に運動した気分に浸ることができます。

 

関連ページ

有酸素運動の重要性
中性脂肪を下げるために、有酸素運動の重要性について掲載します。
理想的な負荷
中性脂肪を下げるための理想的な負荷について説明します。
どうしても忙しい人のための対策
中性脂肪を下げるためのどうしても忙しい人のための対策について掲載します。