特定保健用食品の活用

特定保健用食品の活用

 

特定保健用食品は、略して特保とか特保食品などと呼ばれていますが、この中には、食べ物ももちろんのこと、飲み物も含まれます。

 

また、特定保健用食品を活用することによって、中性脂肪を下げることに繋がっていくのは、言うまでもありません。ここでは、特定保健用食品がいかなるものなのかについて、見てみることにしましょう。

 

特定保健用食品とは、保険の効果について、商品表面に表示することのできる食品のことを言います。例えばですが、「このクッキーには、イソマルトオリゴ糖が含まれているので、お腹の調子を整えることが期待できます」のように記載されています。

 

もちろん、あくまでも食品なので、どれぐらいの効果が期待できるかについては、摂取する人の状態にもよって異なってきます。

 

また、特定保健用食品を摂取する上では、摂取しすぎない注意についての表記も必要になります。いくら何かしらの効果が期待できるとは言えども、過剰摂取はかえって逆効果になってしまうからです。

 

では、特定保健用食品の摂取において、気をつけないといけないことは何でしょうか。これについては、必ず自分に合ったものを摂取することが大切です。

 

「友人が使っているから」とか「世間で評判が良いから」という理由だけで選ぶのは良くありません。そんな方法で選んでも、自分に合った方法で活用することができず、かえって効果が期待できなくなってしまいます。

 

関連ページ

食べ過ぎないことの重要性
性脂肪を下げるために食べ過ぎないことの重要性について説明します。
中性脂肪を下げる野菜の効果と上手な食べ方
野菜が中性脂肪値を下げる理由と、そのための上手な野菜の選び方、食べ方について解説します。
魚類で期待できる効果
中性脂肪を下げるために魚類で期待できる効果について説明します。
中性脂肪を減らす飲み物!成分と効果
テレビのCMではいろいろな商品が「脂肪の吸収をおさえる」、「脂肪の燃焼を促進する」などの効果をうたっていますが、その成分や作用はよく分らないのが正直なところです。今回は、中性脂肪を減らす飲み物の種類や成分、その効果について解説します。
中性脂肪を下げる食べ方とは?食べる順番だけで中性脂肪は減る!
同じ物を食べても、ただ「食べる順番」に注意するだけで「中性脂肪」を減らして痩せられます。そこで、今回は、中性脂肪を下げる食べ方として「食べる順番」に着目して解説します。
青魚のEPA・DHAが中性脂肪値を下げるのに効果的なワケ!
中性脂肪値が高いと言われてカロリー制限をしたり、お酒をひかえている人にとっては、青魚を食べることで中性脂肪値が下がるというのは耳寄りな話ですね。そこで今回は、青魚に多く含まれる「EPA」の中性脂肪値を下げる効果とその理由ついて解説します。
食物繊維の中性脂肪値・コレステロールを下げる効果
食物繊維の健康効果は便秘の予防、腸内環境の改善などが有名ですが、血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らすのにも役立ちます。今回は食物繊維が中性脂肪を下げるのになぜ役立つのかについて解説します。
過剰摂取に注意すべき飲み物
中性脂肪を下げるために過剰摂取に注意すべき飲み物について説明します。
サプリメントの活用
中性脂肪を下げるためのサプリメントの活用について説明します。
ラクトフェリンの中性脂肪値を下げ内臓脂肪を減らす効果に注目!
ラクトフェリンには、さまざまな働きが有ると分かっていて、さまざまな研究機関で研究が進められています。その効果の中には、内臓の中性脂肪を減らす効果も含まれています。今回は、そんなラクトフェリンの中性脂肪に関わる効果と摂取法について解説します。
中性脂肪を糖質制限で減らす!効果的な方法と注意点!
中性脂肪が気になる人にとって、糖質制限は確実な効果が期待できる優れた対策です。そこで今回は、健康的な糖質制限について、基本から解説することにします。