魚類で期待できる効果

魚類で期待できる効果

 

中性脂肪を下げるためには、魚類を摂取してみることがおすすめです。

 

魚類も沢山存在しますが、中性脂肪を下げることを前提とした摂取に関しては、できれば青い魚がおすすめです。

 

もちろん、青魚以外の魚を食べてはいけないということではないですが、青魚がおすすめであるには理由があります。では、中性脂肪を下げるために青魚を摂取することによって、一体どんな効果が期待できるでしょうか。

 

これについては、青魚にはある物質が存在することが考えられます。青魚には、EPAと呼ばれている物質と、DHAと呼ばれている物資が含まれています。

 

いづれも青魚の栄養分をサポートするのに欠かすことのできない物質なのですが、前者のEPAはエイコサペンタエン酸を、後者のDNAはドコサヘキサン酸のことを意味します。いづれの物資も、肝臓に直接的に働きかけるようになります。

 

中性脂肪は肝臓で合成されるのですが、この際に過剰に中性脂肪が作られることのないように、2つの物質で抑制することができるのです。それが可能になると、血液内に存在する中性脂肪が減っていく仕組みになるのです。

 

現段階での食生活を振り返った時、魚を食べる機会が比較的多い方であれば、比較的魚の効果を上手く活用しやすいです。だからといって、今の段階で魚をあまり食べていない人に、中性脂肪を下げる機会が全く無いということではありません。

 

まずは週に2回もしくは3回は、メインのおかずを魚にしてみることによって、体内の動物性脂肪や植物性脂肪が、魚の油によるものに変わっていくようになります。

 

関連ページ

食べ過ぎないことの重要性
性脂肪を下げるために食べ過ぎないことの重要性について説明します。
中性脂肪を下げる野菜の効果と上手な食べ方
野菜が中性脂肪値を下げる理由と、そのための上手な野菜の選び方、食べ方について解説します。
中性脂肪を減らす飲み物!成分と効果
テレビのCMではいろいろな商品が「脂肪の吸収をおさえる」、「脂肪の燃焼を促進する」などの効果をうたっていますが、その成分や作用はよく分らないのが正直なところです。今回は、中性脂肪を減らす飲み物の種類や成分、その効果について解説します。
中性脂肪を下げる食べ方とは?食べる順番だけで中性脂肪は減る!
同じ物を食べても、ただ「食べる順番」に注意するだけで「中性脂肪」を減らして痩せられます。そこで、今回は、中性脂肪を下げる食べ方として「食べる順番」に着目して解説します。
青魚のEPA・DHAが中性脂肪値を下げるのに効果的なワケ!
中性脂肪値が高いと言われてカロリー制限をしたり、お酒をひかえている人にとっては、青魚を食べることで中性脂肪値が下がるというのは耳寄りな話ですね。そこで今回は、青魚に多く含まれる「EPA」の中性脂肪値を下げる効果とその理由ついて解説します。
食物繊維の中性脂肪値・コレステロールを下げる効果
食物繊維の健康効果は便秘の予防、腸内環境の改善などが有名ですが、血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らすのにも役立ちます。今回は食物繊維が中性脂肪を下げるのになぜ役立つのかについて解説します。
過剰摂取に注意すべき飲み物
中性脂肪を下げるために過剰摂取に注意すべき飲み物について説明します。
特定保健用食品の活用
中性脂肪を下げるための特定保健用食品の活用について説明します。
サプリメントの活用
中性脂肪を下げるためのサプリメントの活用について説明します。
ラクトフェリンの中性脂肪値を下げ内臓脂肪を減らす効果に注目!
ラクトフェリンには、さまざまな働きが有ると分かっていて、さまざまな研究機関で研究が進められています。その効果の中には、内臓の中性脂肪を減らす効果も含まれています。今回は、そんなラクトフェリンの中性脂肪に関わる効果と摂取法について解説します。
中性脂肪を糖質制限で減らす!効果的な方法と注意点!
中性脂肪が気になる人にとって、糖質制限は確実な効果が期待できる優れた対策です。そこで今回は、健康的な糖質制限について、基本から解説することにします。